カブが意外と手がかかる

先日、一通り手を入れたカブですが、

バイク屋さんにタイヤ交換に行ってきました。

道中、試運転がてら様子を見ていましたが、たまにエンジンが吹けなくなるのと、2速が入りづらい症状が発生。

それでも、そんなにひどいわけではないので、バイク屋さんに到着。

タイヤとハブダンパーを交換してもらいました。

作業をお願いしながら、来るときの不具合を聞いたりしてみたけど、あんまり聞かない症状とのこと。

とりあえずは様子見ということで、帰宅しました。

帰宅時、エンジンが吹けない症状が悪化。

都度都度、様子見しながらなんとか、帰宅。

症状の感じから、火が飛んでいないか燃料が来ていないか、どっちかかと思ったので、まずはプラグとプラグキャップを交換。

翌日試運転してみると、さらに症状悪化。

そうなると燃料系と思って、試しにタンクを外して、

燃料ポンプを外して、

非分解っぽい作りだけど、さらにばらしてストレーナーを確認すると、笑えてくるぐらいに汚いwww

着け置きなどして清掃し、組みなおし。

試運転してみると、劇的に変化。

よく回るエンジンになりました。

ただ、次は2速に入りづらい症状は変わらず。

クラッチ調整しても改善しないため、バイク屋さんから指摘された内容を確認するも異常はなさそう。

ただ、1点気になるとこがあったので、組みなおして、再度、試運転。

完璧に改善するわけではないけど、だいぶマシになったので、様子を見ようかと思います。

とりあえず、癖ということで、嫁さんに慣れてもらうしかないかなと。

作業を頑張ったご褒美にお昼はラーメンを食べてきました。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください